フリーランス

スキル不足でフリーランスエンジニアになってみて感じたこと【経験談を語る】

こんにちは、Aki(celcior0913)です。
完全にスキル不足でしたが、独立してフリーランスエンジニアになりました。

 

今回はスキル不足でフリーランスエンジニアになってみて感じたこと【経験談を語る】というテーマで解説していきます。

 

今回のお悩みはこちら。

少しスキル不足でもいいから、早くフリーランスエンジニアになりたい。
でもスキル不足でフリーランスエンジニアになると実際どうなんだろう。
スキル不足でフリーランスエンジニアになった方、よければ経験談を教えてくださいな。

上記のお悩みに答えていきます。前回こんなツイートをしました。

 

僕は完全にスキル不足でしたが、フリーランスエンジニアとして独立しました。
そして実際にスキル不足でフリーランスエンジニアになってみて感じたことは案外どうにかなるなということ。
とはいえ、割としんどいななんて感じることもあったので今回の内容をブログにて赤裸々に解説していきます😌

 

そんな私は26才でエンジニアになり、1年ほどで独立しました。

ぶっちゃけ正社員の時にプログラミングを触る機会はほとんどなくフリーランスエンジニアになったばかりの時はプログラミングの構文を理解できている程度のスキルでした。なのでどんな方から見ても明らかにスキル不足でした。

ですが、今ではフリーランスエンジニアとして生活できています。

 

そんな私が今回は上記の内容を深掘りしつつ、具体的に解説していきます。スキル不足でフリーランスエンジニアになってみた経験談が知りたい方はよければ参考にどうぞ。※5分ほどで読み終わります。

本記事でわかること

スキル不足だったけどフリーランスエンジニアになってみて感じたこと
スキル不足でフリーランスエンジニアになってしんどかったこと
スキル不足でフリーランスエンジニアを目指す方が今からできること

スキル不足だったけどフリーランスエンジニアになってみて感じたこと

スキル不足だったけどフリーランスエンジニアになってみて感じたこと

結論からいうと案外どうにかなるもんだなと。

コロナ真っ只中でも案件を獲得できた

僕がフリーランス独立をしたのは2020年の5月だったので、コロナが流行り世界の各地でで緊急事態宣言が出されている状況でした。

その当時は『マジでタイミングを間違えたな、、、』なんて思っていたんですが、会社にも辞めると伝えていたので戻れるような状況でもなかったんですよね。

ですが、そんな状況下で当時のスキルでもなんとか案件を獲得できました。

もちろんスキル不足ではあったので、単価は35万円とフリーランスエンジニアにしてはかなり低い金額でしたが、そんなスキルでも案件は獲得できるんだなと言うことも知れましたし、ぶっちゃけ会社員の時と比べると2.5倍くらい収入は増えたので普通に生活するにも全く問題はなかったです。

プログラミングをすることだけがエンジニアの仕事じゃない

多くの方はプログラミングができないと仕事を獲得できないなんて割と思うかもですが、プログラミングを書くことだけがエンジニアの仕事ではなかったりします

 

アプリ自体を評価する人、テスター、不具合修正。

 

上記のような感じで、プログラミングもするけど修正程度であったり、全くソースを触らないなんて仕事もあります。

僕はフリーランスになり最初からプログラミングに触れる機会を与えていただきましたが、できなかったらできなかったでその時はプログラミング以外の仕事をする形で仕事を振られたと思います。

なので、僕の経験談をお話しすると半年から1年ほどの経験があれば、プログラミングスキルはなくてもどうにかなるのかなと。

大切なのは学ぼうとする姿勢

ぶっちゃけこれに尽きるかなと。

フリーランスエンジニアとしていくつかの企業で案件に携わっていきましたが、中には全然やる気のない人や全くコミュニケーションも取らずに何もしない人とかも割と多く存在します。

やはりそういった方は現場にも馴染めず、企業からももういらないなんて言われがちでいつのまにかいなくなってます。

 

もちろん自分が学びたいものじゃない場合は仕方ないと思うんですが、逆にいえば学ぶ姿勢があればフリーランスエンジニアとして生活する上で案件に困ることはないかなって思います。

確かにコロナで案件が打ち切りになってしまったなどで、契約が終了したなど例外もあったりしますが、学ぶ姿勢のあるエンジニアは企業や企業で働いているスタッフの方は割と重宝してくれます。

なので、スキル不足でフリーランスエンジニア独立をしたいなんて方は、ここをしっかり押さえておけば大丈夫かなと。

スキル不足でフリーランスエンジニアになってしんどかったこと

スキル不足でフリーランスエンジニアになってしんどかったこと

こちらの通り。

・わからないことが多すぎた
・周りのエンジニアに迷惑をかけまくった

結構重要なことなので、それぞれ深掘りして解説していきます。

わからないことが多すぎた

もう何がどうとかじゃなく全てにおいてわからないことだらけでした。

会社員の時に全くソースを触る機会もなかったので、ぶっちゃけプログラミングのソースを見ても全然わからないですし、gitの使い方もエディターの使い方もほぼほぼ未経験と同じような状況でした。

なので、ことあるごとにググる感じ。でも結局全然わからずに先輩エンジニアに聞いたりして、マジで毎日必死でした。

 

土日も返上して業務の中でやったことを復習したりして、ほぼほぼ全ての時間をプログラミングの勉強に費やしました。

 

なので会社員時代にもっと経験したり自分で独学して学ぶべきだったななんて今では思っています。

周りのエンジニアに迷惑をかけまくった

プログラミングも期日までに終わらなかったし、僕の作業もほとんど巻き取ってもらったからですね。

 

フリーランス髪案件の時、経営者のエンジニアの方と一緒にタッグを組んで仕事をしたんですが、ほぼほぼ巻き取ってもらいました。

 

しかも納期直前の状況で。

その時ぶっちゃけ300時間くらい月に働いていたんですが、その方は僕のせいで後半ほとんんど会社に泊まりがけで作業してもらってたんで労働時間も僕以上に作業してもらったので、すごく申し訳なかったです。

今はその案件で一緒に仕事をしたことで今でも大変よくしてもらっているのですが、、スキルが伸びたらいつか恩返しがしたいなと思ってます。

 

なので、今現状スキルが足りないけど、フリーランスエンジニアになりたいなんて考えている方は案件によっては先輩方に迷惑をかけるということもあるということを覚えてもらえたらなと思います。

とはいえ、会社員でも同じ

辿る道は正社員でもフリーランスでも変わらないからですね。ぶっちゃけフリーランスだろうと会社員だろうとうやることは変わりません。

 

どちらにしてスキルが足りない時はで迷惑をかけます。なので、そんなに深追いして考えなくてオッケーです。

 

もし上記でお伝えしたことが原因で、フリーランスエンジニアになるのをやめようかななんて考えている方はそこまでする必要はないです。もし自分がやりたいと思うなら挑戦するべきじゃないですかね。

 

もし迷惑をかけて後で恩返しがしたいなんて考えがある場合は、連絡先を聞いておいてスキルが上がった際にプロジェクトでその方と仕事をしつつ恩返しをするとかでいいのかなと。

スキル不足でフリーランスエンジニアを目指す方が今からできること

スキル不足でフリーランスエンジニアを目指す方が今からできること

こちら通りです。

・プログラミングスキルを高める
・プログラミング以外のツールの使い方をある程度理解する
・案件の獲得方法を知る

こちらもそれぞれ深掘りしつつ解説していきます。

プログラミングスキルを高める

理由はこちら。

・単価をあげるため
・自分が困らないようにするため
・関わる方々に迷惑をかけないようにするため

上記の通りです。

 

当たり前かもですが、やはりスキルがないと単価は低いですし、自分もしんどい思いをしますし、関わる方々にも迷惑がかかります。

自分も含めて迷惑をかけない程度になれるようになるのには時間がかかりますが、向上心を持ち前向きに行動していくのが吉かなと。

プログラミング以外のツールの使い方をある程度理解する

プログラミング以外のツールはこちら。

・Slack
・RedMine
・git

上記は割とどこの企業でも使われています。なので、実際に企業で働きつつ上記の使い方も同様に理解しておきましょう。

 

もし使われてないなんてところは要注意かもです。

 

そこで使われている技術は他では通用しない可能性もあったりするので、別の企業で働けるように営業の方に伝えたりしたりしてその現場から離れることも考えておいた方がいいかもです。

 

そこでしか使えない技術を学んでもぶっちゃけあまり意味もないですからね。

案件の獲得方法を知る

フリーランスエンジニア案件獲得方法とかで検索すれば無数に出てきます。

なので通勤時間や業務の間で時間がある時に調べたりしてフリーランスエンジニアになった時に案件の獲得方法で困らないようにするためにも今のうちにできることをやっていきましょう。

当ブログでも案件の獲得方法について解説記事もあるので気になる方はこちらも一緒にどうぞ。

まとめ

このくらいで終わりにしたいと思います。

 

今回はスキル不足でフリーランスエンジニアになってみて感じたこと【経験談を語る】というテーマで解説していきました。

 

今回の記事を軽くまとめるとこちら。

 

スキル不足だったけどフリーランスエンジニアになってみて感じたことは案外どうにかなるということで理由はこちら。

・コロナ真っ只中でも案件を獲得できた
・プログラミングをすることだけがエンジニアの仕事じゃないから
・大切なのは学ぼうとする姿勢だったから

 

そしてスキル不足でフリーランスエンジニアになってしんどかったことはこちら。

・わからないことが多すぎた
・周りのエンジニアに迷惑をかけまくった

 

最後にスキル不足でフリーランスエンジニアを目指す方が今からできることはこちら。

・プログラミングスキルを高める
・プログラミング以外のツールの使い方をある程度理解する
・案件の獲得方法を知る

 

以上です。スキル不足でフリーランスエンジニアになってみた経験談が知りたい方の参考になれば幸いです。ではまた。