IT

フリーランススタートの評判について語る

こんにちは、Aki(@celcior0913)です。
iOSのフリーランスエンジニアとして活動しています。

 

今回はフリーランススタートの評判について語るというテーマで解説していきます。

 

今回のお悩みはこちら。

最近フリーランススタートっていうサービスの名前をよく聞くな。
どんなサービスなのかな。またどんな人におすすめなのか知りたい。
ついでに評判だったり、使い方とかも教えて欲しい。

 

上記のお悩みに答えていきます。前回こんなツイートをしました。

 

昨年、フリーランススタートというフリーランスエンジニア専用の新しいサービスが出たんですが少し気になったので、実際に使ってみました☺️

ぶっちゃけかなりオススメできるなと思ったので、実際に使ってみて感じたメリットやデメリット、実際の評価などをブログにて解説していきたいと思います😌

 

そんな私はエンジニア歴は2年ほど。
現在はフルリモートのiOSのフリーランスエンジニアとして活動しています。

 

実際に私もフリーランススタートを使って案件を獲得しました。そんな私が今回は上記を深掘りして解説していきます。

 

実際に使ってみて感じたことを自身の経験から解説していきます。※5分ほどで読み終わります。

本記事でわかること

フリーランススタートとは
フリーランススターのメリット
フリーランススタートのデメリット
フリーランススタートの登録、応募方法
フリーランススタートはどんな人にオススメなのか

フリーランススタートとは

フリーランススタートとは

フリーランススタートはフリーランスエンジニアの案件に特化したサービスで、2019年の5月にリリースされた比較的新しいサービスです。

 

こちらのサービスでは、各エージェント会社が保有・公開しているフリーランス向け案件を一括検索することができます。

 

まだクライアントを抱えていないフリーランスエンジニアの方が、案件を探すために使うことができる無料の案件探しのツールです。

フリーランススタートの評判はどうなのか

2019年に作られた新しいサービスということもあり、評判について書かれている記事はあまりありませんでした。

 

実際にフリーランススタートを使ってみた感想を伝えると、エージェントの口コミは当てにならないといった感じですね。

参考

エージェントで高評価になっている理由としては、そもそも実務経験が5年以上だったりして、そもそもスキルが十分にある方が評価をつけているからですね。

 

なので実務経験一年ほどの方の口コミがどんどん増えていけば判断材料としてもっとよくなるんじゃないですかね。

フリーランススタートのメリット

フリーランススタートを使ってみて感じたメリットはこちら。

・案件の数がかなり多い
・場所、言語、業界で案件を探せる
・エージェントと気軽に連絡を取れる

 

上記をそれぞれ深掘りします。

案件の数がかなり多い

実際にサイトをみてもらえればわかるんですが、案件数は2020年7月時点で13万件を超えています。※現在は26万件まで増えています

 

どのエージェントのサイトと比べても圧倒的に多いです。

 

この案件数の中から案件を探せるので、自分のやりたい案件を探せる可能性はかなり高いのかなと。

>>案件をみたい方はこちらからどうぞ

場所、言語、業界で案件を探せる

上記の通りです。

実際にフリーランススタートをみてみるとわかるのですが、検索項目に場所、言語、業界があるのでそれを選択するだけで探すことができます。

 

こちらは会員登録しなくても無料で見れるので気になる方はこちらから確認してみてもいいかもです。

>>公式ページはこちらからどうぞ

ージェントと気軽に連絡を取れる

フリーランススタートでは応募した案件を通じてエージェントと気軽に連絡を取ることが可能です。

 

その際に余計な登録などする必要もありません。

 

フリーランススタートの会員登録は必須になりますが、逆をいえばそれぐらいかなと。

 

あとは応募した案件の連絡を待つだけです。

 

なので、案件に応募してエージェントと気軽に連絡したいなんて方はフリーランススタートに登録して気になる案件に応募してみてもいいかもです。

>>公式ページはこちらからどうぞ

フリーランススタートのデメリット

フリーランススタートのデメリット

こちらの通り。

・非公開案件は確認できない
・エージェントの利用条件は確認できない

非公開案件は確認できない

上記の通りです。

 

フリーランススタートでは非公開案件については確認することができません。

 

実はフリーランスエージェントのほとんどが非公開案件が多く持っています。

 

非公開案件を持っている理由としては、全て公開してしまうと募集のある企業を特定できてしまうからですね。

 

なので実際に応募した案件と一緒にまだ非公開でいいものがあれば、そちらも紹介してもらうといった感じで臨むのがいいんじゃないですかね。

エージェントの利用条件は確認できない

フリーランスエージェントの中には福利厚生があったり、サポート体制が充実しているものもあります。

フリーランスエンジニアが安心して仕事ができるように、企業努力をかなりされているエージェントも数多くあります。

 

ですが、フリーランススタートではそういった事を確認することはできません。

 

なので、そういった案件を確認したいという場合は、直接エージェントに登録するしかないかなと。

こちらの記事では経験年数ごとにおすすめのエージェントについて解説しているものがありますので、気になる方はこちらをどうぞ。

フリーランススタートの登録、案件の応募方法

そんなに難しくないのですが、せっかくなので共有します。

登録方法

フリーランススタートにアクセスして新規登録を押す。

メールアドレスとパスワードを入力して会員登録をする。

以上です。
他のサイトと比べてもかなり簡単かなと。

応募方法

フリーランススタートにアクセスしてフリーワードで検索またはおすすめのキーワードを押す

求人の中から自分のやりたい案件を探して右側に出てくる詳細にあるこの案件の話を聞くと書いてあるボタンを押す。

以上です。こちらもめっちゃ簡単です。

フリーランススタートはどんな方にオススメなのか

結論から書くとフリーランススタートはこんな方におすすめです。

・フリーランスエンジニアの方
・週5・常駐案件を探している方
・選択肢を増やしたい方

 

上記の内容を順番に解説していきます。

フリーランスエンジニアの方

当たり前ですけど、こちらはフリーランスエンジニア専用の検索サイトです。

 

なので正社員としてエンジニアを続けたいという方には向きません。

 

とはいえ、正社員として十分に活躍されている方ならフリーランスとしても問題なく活動できると思います。

まずはどんな案件があるのかみて自分のスキルが見合っている場合は試しに応募してみるのもいいんじゃないですかね。

週5・常駐案件を探している方

フリーランススタートでは週2〜3の案件もありますが、そんなに多くはありません。

 

なのでもし週2〜週3の案件を探していると言う方はMidworksがおすすめです。

他にもいくつかあるのですが、今はコロナ時期でもあり状況が不明確なのでそういった案件を探しているという方はとりあえずMidworksに登録するのがいいかなと思います。

>>Mid works 公式ページはこちらからどうぞ

選択肢を増やしたい方

いくつかエージェントに登録しているけど、自分でもどんな案件があるのか探してみたいという方

 

どんなエージェントがあるのか知りたいなんて方はこちらに登録してもいいかなと思います。

 

上記でも解説しましたが、こちらでは数多くのエージェントと提携しており、どんなエージェントがあるのか確認することができるからですね。

重要ポイント

エージェントでもそうですけど、選択肢が増えれば増えるほど数多くの案件の中から自分のやりたい案件をを探すことができます。

 

フリーランスエンジニアの最大のリスクである仕事がないということも回避できる可能性も高まります。

 

上記は一つの例ですが、考え方次第で様々な使い方ができます。

 

なので自分があってもいいなと感じたら、必要に応じて使ってみるのがいいんじゃないですかね。

まとめ

このくらいで終わりにしたいと思います。

 

今回はフリーランススタートの評判について語るというテーマで解説していきました。

 

内容を少しまとめるとこんな感じ。

 

フリーランススタートのメリットはこちら。

・案件の数がぶっちぎりでNo.1
・場所、言語、業界で案件を探せる
・エージェントと気軽に連絡を取れるデメリット

 

またデメリットはこちら。

・非公開案件は確認できない
・エージェントの利用条件は確認できないフリーランススタートはこんな方におすすめ

 

どんな方に向いているのか。

・フリーランスエンジニアの方
・週5・常駐案件を探している方
・選択肢を増やしたい方

 

以上です。

 

>>フリーランススタート公式ページはこちらからどうぞ。

 

フリーランススタートの評判について知りたい方の参考になれば幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。